敷金の予算内で現状回復ができる業者を探そう

作業員

退去する際の義務

ヘルメットを持つ人

確認でトラブル回避

原状復帰とは、借りていた店舗や住居から退去する際、借りた時の状態に戻すことを言います。経年劣化や通常生活している上での毀損などは、借主の原状復帰義務には含まれません。何か物を落として傷をつけてしまった、たばこの不始末で畳を焦がしてしまった、引越しの際に壁をひっかいて傷ができた、などという場合は、借主に原状復帰義務が生じます。壁に貼ったポスターなどの跡や、経年劣化による壁や床の変色、家具を設置した跡に生じたへこみなどは、通常の生活範囲内なので貸主の負担となります。退去時、借主と貸主、どちらに原状復帰義務があるかということでトラブルになる場合も多く、現在は目安となるガイドラインができています。借主は、トラブル防止のためにも、入居時に現況や傷を確認をして、写真撮影などの記録を残しておくと退去時も安心です。雨漏りやカビ、結露の発生が見つかった場合は、すぐに貸主に連絡します。放っておくと、当然被害が広がります。借主が、連絡を怠り適切な処置を行わなかったせいで被害が広がったとされ、借主の負担となってしまいます。契約の際は、契約内容を十分に確認しておくことが大切です。借主の原状復帰義務が、ガイドラインに沿ったものかどうか、借主に不利になる内容ではないかどうかなどしっかりチェックしましょう。中には契約書に特約を設けている場合もあるので、そちらのチェックも必ず行いましょう。入居時の状態確認と、契約書のチェックをしておくことが、トラブル回避に繋がります。